会社概要

会社名
株式会社オリハラ 中央博善社
所在地
〒130-0003 東京都墨田区横川3-13-10
TEL
03-3622-4594
FAX
03-3625-4860

対応地域

墨田区近隣

全葬連
東葬協
お葬式検索.jp
遵守事業所
葬祭サービス安心度調査
区民葬儀取扱店

お盆の"精霊馬"はなぜキュウリとナスなの?

お盆の時期に飾る〝精霊馬とはご先祖様が足の速い馬に見立てたキュウリに乗って来ていただき、帰りにはゆっくりと景色を眺めながら牛に見立てたナスに乗って帰っていただくと言われています。これがなぜキュウリとナスなのか 理由ははっきりとわかりませんが、夏野菜で手に入りやすく、どこでも収穫できた野菜だったことから全国的に広まったのでしょう。お供えする物やその意味合いには地域差があるようで、ご先祖様を丁寧に迎えるために牛に乗って来ていただき、帰りは急いで帰っていただくために馬にするという地域もあります。


独特の文化 お彼岸!

一年に春分と秋分を含む前後7日間にあるお彼岸。お彼岸の語源はサンスクリット語の『パーラミター』からきています。漢訳で“到彼岸”  此岸(現世)から煩悩の海を渡って彼岸(あの世 さとりの世界)に至るという意味です。彼岸は西、此岸は東にあるとされており、太陽が真西から真東に沈む春分と秋分にあの世とこの世がもっとも通じやすくなると考えられており、祖先の供養を行うようになったと言われております。日本では年中行事の一つになっておりますが、仏教発祥の地インドでも中国でも見られない日本独特の文化だそうです。古来より農耕文化を中心とする日本では自然崇拝の考えがあり節目には五穀豊穣・安寧を自然や祖先に祈願 感謝してきました。仏教の伝来よりその思想が混じり合ってお彼岸という行事になり受け継がらてるようになったのではないかとされています。



お彼岸に欠かせない『お か し』な話

お彼岸に“ぼた餅”またはおはぎ”をお供えする習慣があります。この“ぼた餅”おはぎ”同じあんこのついたお菓子ですが、呼び方がちがいますね。“ぼた餅”は春の花“牡丹”、“おはぎ”は秋の花“萩”に見立てて季節によって言い方を変えたという説があります。また、小豆の赤色には災難から身を守る効果があると信じられており、それが祖先の供養に結びついたとも言われております。